top of page

コロナについて思うこと

コロナの感染が拡大していく中で、僕たちはどう生きていくのかが試されているように感じます。


早く収束をして欲しいと思う中、どうすれば収束するのか?

それは、なるべく人と接触しないことと言われています。


しかし、人は決して一人では生きていけません。


しかも、僕たちは人と触れ合いたいという願望が根底にあります。


それで、今人と触れ合う為に活用されているのがオンラインという方法で人とコミュニケーションを取る方法です。


今急速にオンラインでコミュニケイトするツールが普及してきて、パソコンやスマートフォンを誰もが所有している時代です。


そこに来て5Gという高速通信が出来て、どこにいても快適にオンラインを使ったコンテンツを楽しめるようになりました。


僕が最初にスマートフォンを持ったのは、初代iPhoneですが、インターネットを使ったとき、iPhoneのスペックが低いのもあるでしょうが、回線が遅く使い物にならないと思っていました。こんなもん絶対流行らないと。


それから何年かして3G回線から、4G回線に変わったとき、iPhoneの価値が飛躍的に高まりました。

どこにいてもYouTubeなどの動画がサクサク観れるし、新しい時代が来たなと思いました。


コロナの流行で、オンラインのインフラが急速に進んだように感じます。


では、コロナが収束した後どうなるか、について考えてみたいと思います。


まず、リモートワークは収束した後も続くと思います。

そして、収束した後もソーシャルディスタンスが離れて人と人が接するようになるんじゃないかなと思います。


簡単にオンラインでコミュニケーション出来るのに、わざわざ会うのが面倒くさい、みたいな感じで。


また、実際に会ってみても、ソーシャルディスタンスが離れるように心がけていたので、無意識に接触することを避けるかもしれません。


心の距離が、離れてしまわないように気を付ける必要があるかもしれません。


見えないウイルス、見えない心、見えないオンライン上の人物。

Commentaires


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page